スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    私の西洋医学療法、現在の薬(2012年6月)

    なんか、1回始めると、いつまでたっても終わらないシリーズです。
    (^_^;)
    今回は、現在、病院でもらって飲んでいる薬です。

    前回のは、こちら。

    広島 すい臓がん 闘病記(膵臓癌 お気楽ブログ)
      私の西洋医学療法、現在の薬(2月)
    (2月22日)


    病院でもらっている薬は、2月(4ヶ月前)とまったく同じです。


    ────────────────────
    薬は身体に良くない
    ────────────────────
    もらっている薬は同じなんですが、

    「奇跡が起こる爪もみ療法」 福田稔 安保徹

    という本を読んで(感想は近いうちに書きます)、
    「薬は身体に良くない」ということが書いてあったので、
    それからは、特に症状が出ている時だけ、
    それ用の薬を飲むようになりました。


    ────────────────────
    30年後に気づく、母は正しかった
    ────────────────────
    この、「薬は身体によくない」というのは、
    母が何十年も前から言っていることで、当時の私はそれを聞いて、

    「ふん! 病院がくれる物が身体に悪いわけないじゃろ!」

    とバカにしていました。ほかにも、

    「野菜、果物を食べろ」 とか、
    「焦げ(こげ)はガンになる」 とか、
    「ニンニク、ショウガは身体にいい」
    「リンゴやバナナ、キウイも身体にいい」
    「玉ねぎは血をキレイにする」
    「タバコは止めろ」
    「暴飲暴食は止めろ」
    「(出ている)腹を引っ込ませ」

    などなど(他にもたくさんあるけど、思い出せません)、
    いろいろ言っていました。

    そして、がんの本を読めば読むほど、

    「ああ、これは母が昔から言ってることだなあ」

    と、感慨にふけることがよくあります。

    やっと30年経って、その真理に気がついたということでしょうか。


    ●啐啄同機(そったくどうき、さいたくどうき、啐啄同時ともいう)

    卵からヒナが孵化しようとする時、ヒナは中から殻をつつく。
    それを察知して親鳥が外から同じところをつつく。
    そのタイミング、場所がうまく合うと、ヒナは傷つかずに生まれる。


    ────────────────────
    病院でもらっている薬
    ────────────────────
    さて、本題に戻りましょう。

    6月現在、病院でもらっている薬は、次の7種類です。

    ●痛み止め(がん痛専門、麻薬)←★★★これがメインの薬
    ・オキシコンチン 10mg(錠剤、朝晩)
    ・オキノーム散 5mg(粉薬、とん服)

    ●痛み止め(一般の人用)
    ・ロキソプロフェンナトリウム錠60mg「タイヨー」(朝昼晩)
     (「ロキソニン」のジェネリック)

    ●胃薬
    ・ラベプラゾールNa錠10mg「サワイ」(朝)
     (「パリエット」のジェネリック)

    ●便秘
    ・マグミット錠 330mg(朝昼晩)
    ・プルゼニド錠 12mg(とん服、緩下剤)

    ●ビタミン剤
    ・ビタメジン配合カプセルB25(B1・B6・B12)


    ────────────────────
    飲んでいる薬と飲んでいない薬
    ────────────────────
    「オキシコンチン」は、がん痛専門、最強の鎮痛剤です。
    「モルヒネ」みたいなものでしょう。12時間毎に朝晩飲みます。
    この薬が、私のもらっているメインの薬です。
    他の薬は、これに付随するものです。

    ただ、これを飲んでても、腹は始終 痛いです。(^_^;)

    こればっかりは、朝晩かかさず飲んでいます。


    「オキノーム」は、「オキシコンチン」の「とん服」バージョンです。
    たぶん成分も同じ。2月は毎日夕方に飲んでいたのですが、
    今は、夕方に調子が悪そうな時だけ飲むようにしています。


    「ロキソプロフェンナトリウム」は、「ロキソニン」の
    ジェネリック(後発品)です。普通の頭痛、歯痛、生理痛の
    痛み止めです。2月は朝昼晩と飲んでいたのですが、
    今は、調子が悪い(腹が痛い)時だけ飲むようにしています。


    「ラベプラゾールNa」は、「パリエット」のジェネリックで、
    胃薬です。2月は、毎朝決められた通りに飲んでいましたが、
    今は、特に胃の調子も悪いわけじゃないので、全然飲んでいません。


    「マグミット」は、便秘薬です。「オキシコンチン」の副作用か、
    「抗がん剤」の副作用か分かりませんが、便秘になるので、それ用です。

    2月は、朝昼晩2錠ずつ、決められた通りに飲んでいました。

    今は、「抗がん剤」を打った日や次の日は便秘になりますので、
    便秘になりそうな時や、出にくい時に2錠飲んで、
    そうでもない時は1錠とか、正常に便が出てる時は飲まないとか、
    便秘の体調に合わせて飲んでいます。


    「プルゼニド」は、便秘のとん服。「マグミット」だけでは
    出ない時があるので、そういう時に飲んでいます。


    「ビタメジン配合カプセルB25」は、
    ビタミンB1・B6・B12のビタミン剤です。
    これをなんで飲んでいるかというと、「ベンフォチアミン」が
    入っているからです。

    これに関しては、近いうちに「現在のベンズアルデヒド療法」で
    詳しく書く予定です。


    というわけで、6月現在、7種類の薬をもらっていますが、
    規則正しく飲んでいるのは、

    「オキシコンチン 10m」 (朝晩、12時間毎)

    の1種類だけです。


    ●薬を調べられるお役立ちサイト
    ハイパー薬事典-おくすり110番
    お薬検索QLife(キューライフ)


    ●広島 すい臓がん 闘病記(膵臓癌 お気楽ブログ)
    私の食事療法、現在の朝ご飯(2012年5月)
    私の食事療法、現在の昼ご飯(2012年5月)
    私の食事療法、現在の晩ご飯(2012年5月)
    私の食事療法、現在の晩酌(2012年5月)
    私の食事療法、現在の間食おやつ(2012年5月)
    私の食事療法、現在の飲み物(2012年5月)
    私の食事栄養療法、現在のサプリメント(2012年5月)

    関連記事

    テーマ : 癌闘病記
    ジャンル : ヘルス・ダイエット

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    またコメントしてしまいました<(_ _)>
    今と同じ(悲しい)状態はずっとは続かないですか……救われた気がします。
    だいとーちゃんさん、ありがとうございます<(_ _)>
    父が生きている時はあまり人が来ない家でしたが、何故か亡くなってからは毎日、入れ替わりで沢山の人がお参りに来て下さるようになりました。
    薬の話ですが、うちは殆ど痛み止めのんでいなかったんです。
    ロキソニンは熱が出た時のみ。(熱には弱かった。)
    痛いのに我慢していたのか…あまり痛くなかったのか…正直分かりません。

    Re: yukichinさん、コメントありがとうございました

    痛み、そうですね……、昔の人はガマン強いですからね。(^_^;)
    うちの父も、痛いとか暑いとか寒いとか、あまり言わなかったですね。

    でも、酒やタバコはガマンできなかったみたいですけど。(^_^;)

    亡くなってから人が来るっていいですよね。
    少しは気も紛れるし(急がしいけど)……、

    あっという間に一周忌が来ますよ。そして、次の年が三回忌だし。
    お布施が大変。もー! 何十万もできないですよ。実際問題。
    2、3万が限界。(≧∀≦)

    プロフィール

    だいとーちゃん

    Author:だいとーちゃん
    広島市在住。51才男性。貴乃花似。2011年10月開設。もっと詳しく。
    全記事 一気読み
    全記事 タイトル一覧
    RSSフィード
    体質改善 健康ショップ!

    関連サイト(PR)
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    ブログの人気ランキング
    いろんなブログの人気ランキング参加中! 1日1回の応援クリックお願いします! キーボードの「Ctrl」キーを押しながら連続でクリックできます。
    「にほんブログ村」 病気ブログ > すい臓がん
    「人気ブログランキング」 がん・腫瘍 > すい臓がん
    「がん・ガン・癌スーパーリンク」 膵がん > 闘病記
    「広島ブログ」 健康
    「FC2ブログランキング」 心と身体 > 病気・症状
    余命宣告から
    最新記事
    全記事 一気読み
    こちらから、今までの「全記事 一気読み」ができます。
    昨年分は1つのテキストファイルにまとめています。

    今までの「全記事タイトル一覧」は、こちら。
    人気記事ランキング
    本サイトの、どの記事がよく読まれているかを表しています。
    ブログパーツ
    月別の全記事
    カテゴリ別の全記事
    関連サイト(PR)
    最新コメント
    ご意見、ご感想
    ご意見、ご感想、お問合せは、
    お気軽に こちら から。

    プログ内 検索
    ■ Google 形式(ブログ内 検索)

    ■ FC2 形式(ブログ内 検索)
    体質改善 健康ショップ!
    アマゾン公式ショップ
    ■ 体質改善で健康になろうショップ!(心の改善、食事の改善、運動)
    を立ち上げました。
    がんに関する本や健康グッズを紹介しております。ぜひ、一度お立ち寄りください!
    私が読んだ本
    がんの特効薬は発見済みだ!がんの特効薬は発見済みだ!
    岡崎 公彦
    禁断を破り「ベンズアルデヒド療法」を世に知らしめた本! 私の感想

    奇跡が起こる尿療法―勇気さえあれば、治らなかった病気が治る (ビタミン文庫)奇跡が起こる尿療法
    中尾 良一
    世界で初めて「飲尿療法」を世に広めた本! 私の感想

    続 奇跡が起こる尿療法―ガンからリウマチにまで効いた驚異の実名手記を満載! (ビタミン文庫)続 奇跡が起こる尿療法
    中尾 良一
    全編、飲尿療法の手記・体験記。 私の感想

    ガンと闘う医師のゲルソン療法―自らのガンを克服した精神科医が選んだ究極の栄養療法 (ビタミン文庫)ガンと闘う医師のゲルソン療法
    星野 仁彦
    「星野式ゲルソン療法」一番最初の本で、一番詳しい本。 私の感想

    「ガンが食事で治る」という事実―済陽式ガンの食事療法vs星野式ゲルソン療法 (ビタミン文庫)「ガンが食事で治る」という事実
    済陽 高穂 星野 仁彦
    面白くて分かりやすい。一晩で一気に読んだ。 私の感想

    末期がんを克服した医師の抗がん剤拒否のススメ抗がん剤拒否のススメ
    星野 仁彦
    私が初めて読んだ星野医師の本。これで食事療法に目覚めた! 私の感想

    がんの芽をつむにんじんジュース健康法がんの芽をつむにんじんジュース健康法
    星野仁彦
    一般の人向けに分かりやすく、図やイラスト満載。 私の感想

    ガン 絶望から復活した15人―こうしてガンの進行・再発を防いだ!ガン 絶望から復活した15人
    中山 武
    ガン対策の三本柱「心の改善、食事の改善、運動」を私に教えてくれた本。 私の感想

    私はこうして「がん」を克服した―「がん」から生還した22人のドキュメント私はこうして「がん」を克服した
    段 勲
    私が初めて読んだ「がん」の本。これで「尿療法」を知った。 私の感想

    がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」がんに効く生活
    ダヴィド・S. シュレベール
    「統計は情報に過ぎず、けっして宣告ではない」 「がんの進行を正確に予想できる者などいない」 私の感想

    白砂糖の害は恐ろしい―これを防ぐために (1972年)白砂糖の害は恐ろしい(1972年)
    甲田 光雄
    40年も前に「白砂糖の害」を世に問うた本! 私の感想

    奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)奇跡が起こる半日断食
    甲田 光雄
    「半日断食」とは朝食を抜くこと。

    長生きしたければ朝食は抜きなさい―体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは (KAWADE夢新書)長生きしたければ朝食は抜きなさい
    東 茂由 甲田 光雄
    私はこの本を読んで、4年前から朝食を抜いている。

    転移転移
    中島 梓
    亡くなる直前まで書いた膵臓がん闘病記。闘病三部作の遺作。 私の感想

    自然な療法のほうがガンを治す―アメリカ議会ガン問題調査委員会「OTA」レポート自然な療法のほうがガンを治す
    今村 光一
    20年前のアメリカの代替療法は、今の日本より進んでいる!私の感想

    短命の食事 長命の食事 (ワニブックスPLUS新書)短命の食事 長命の食事
    丸元 淑生
    面白く読みやすく明快!私の感想

    がん患者がん患者
    鳥越 俊太郎
    鳥越さん曰く「今が一番健康」。これぞ「一病息災」の真骨頂だ。私の感想

    まじめは寿命を縮める 不良長寿のすすめ  (宝島社新書)「不良」長寿のすすめ
    奥村 康
    「笑い」こそ、最大の免疫力活性薬。「発酵食品」は、古来の長寿サプリメント。私の感想

    奇跡が起こる爪もみ療法 (ビタミン文庫)奇跡が起こる爪もみ療法
    福田稔 安保徹
    「爪もみ療法」はリンパ球を増やして、病気の根本原因に働きかける健康法なのだ!!私の感想

    つらいときに読む本つらいときに読む本
    小林 昭洋
    あなたが地獄だと思うのは「知らない」から。「幸せ」とは感謝できている状態のことをいう。私の感想

    最近の私のお薦め商品
    ●「春ウコン」は、免疫力を劇的に向上させます!! 私の今一番のおすすめ「抗がん食品」です!!

    詳しくは、こちらで。
    春ウコン研究会「ガンは癌にあらず」

    ●「春ウコン」粉末タイプ(300g)
    アマゾンで見る

    ●「春ウコン」粉末5袋セット

    ●「春ウコン」錠剤タイプ

    ほかのウコン商品もあります。
    ウコン専門店 「沖縄ウコン堂」


    ●食事療法の基本「人参ジュース」!!大量にスーパーで買うのは大変なので、送ってもらうのだ。

    低速ジューサー最新機種比較(動画あり!!) ジューサーを見比べてください。


    私が飲んだり食べた物
    全て 「送料無料」 です!
    SODロイヤル3g×60包入
    世界が認めた抗酸化食品。原材料は、杜仲抹茶・胚芽・大豆・糠・ハトムギ・米ぬかなど。いろんな食事療法の本でも薦められています。

    パイオニア企画 生アーモンド 430g
    「がんの特効薬は発見済みだ!」毎日1粒のアーモンドを食べるとがんにならない。抗がん作用「ベンズアルデヒド」を含む。

    しじみの入った牡蠣ウコン(徳用サイズ)
    「しじみ」「牡蠣」「ウコン」の3種類が入って66日分のこの値段は、超お得!

    牡蠣エキス 150粒
    肝臓に転移することが多いので、これを飲んで肝臓を元気にしましょう!

    小林製薬の栄養補助食品 熟成黒にんにく黒酢もろみ 90粒
    「デザイナーズフーズ」(ガン予防に効果がある食べ物)のトップに君臨するのが「にんにく」です。

    エビオス錠 1200錠
    「ビール酵母」は、胃腸のはたらきを活発にします。世間的にもかなり好評価のサプリです。

    ネイチャーズリソース 高麗人参 60粒
    冷え、風邪予防、初期の風邪に。免疫力向上。

    ネイチャーズリソース ノコギリヤシ 60粒
    頻尿にすごい効果です!

    ネイチャーズリソース エキナセア 90粒
    風邪予防、初期の風邪に。免疫力向上。

    ハラダ製茶 やぶ北ブレンド徳用緑茶 2g×50P
    緑茶を飲用すると、がん予防、がんの再発や転移を抑える効果があるそうです。
    逆アクセス ランキング
    どのサイトから、本サイトにジャンプして来たかを表してします。
    検索語 ランキング
    グーグルやヤフーから、どんな検索語で本サイトに来たかを表しています。
    レンタルCGI
    アクセス カウンター

    現在の閲覧者数:
    リンク
    ブログの人気ランキング2
    実験中エリア
    いろいろ実験中のコーナーです。
    RSSフィード
    「RSSリーダー」をお使いの方は、ご利用ください。
    携帯 QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。