スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「飲尿療法」の基本メカニズム。なぜ尿を飲むと病気が治るのか。

    わたしも「飲尿療法」を始めて9ヶ月くらいが経ちました。(^^)

    実は、その「飲尿療法」のバイブル「奇跡が起こる尿療法」中尾良一 著
    の中でも、なぜ尿を飲むと病気が治るのかという、
    詳しいメカニズムは謎ということになっています。


    その謎のメカニズムに迫ったサイトというか文書(PDFファイル)
    を発見しました。こちらです。

    自己尿療法の基本メカニズム
    尿中情報と制御・作用機序
    (PDFファイル)

    このサイトは閉じられていて、このPDFファイルだけがあるみたいです。

    これは、世の中に貢献する目的で、わざと残してあるのだと思います。

    著者の上田さん、本当にありがとうございます。

    なお、上田さんと中尾医師との関係は不明ですので、
    それをふまえた情報として認識してください。


    この文書は、論文みたいで、なかなか読むのは難しいです。

    わたしは半分以上、理解できませんでした。(^_^;)

    わたしが理解できるところの中から、
    要点を抜き出し、分かりやすく修正できる所は修正しました。

    例えば、「口腔内」を「口の中」と修正しました。

    以下、最後まで抜粋です。


    ────────────────────
    はじめに
    ────────────────────
    病気を治療するには、
    代謝物質の異常を、正常にもどすことが必要である。

    尿には、生体の状態を反映するさまざまな「代謝物質」が含まれている。

    自己尿に含まれている代謝物質の異常情報を身体に返し、
    脳の中の視床下部で、負のフィードバック制御ができるなら、
    病気の治療が可能となる。


    自己尿療法は「飲尿療法」「飲尿健康法」とも言われ、
    ただ「自己の尿を飲む」だけの簡単な療法である。

    尿には感染症はもちろん慢性疾患、内臓疾患、癌、皮膚疾患、
    歯痛など幅広い効能がある。

    しかし、その治療メカニズムは謎につつまれたままである。
    この謎を科学的に解明しようとするのが本書の目的である。


    ────────────────────
    尿は生体内の最終情報物質
    ────────────────────
    尿の生成は「腎」で行われ、尿はもとをたどれば「血液」であり、
    更にたどれば生体のあらゆる臓器で生成される「代謝物質」である。

    代謝物質のことを「情報物質」とも呼ぶと、
    尿は生体の「最終情報物質」の宝庫とも言える。


    ────────────────────
    尿は皮膚・粘膜から生体に吸収される
    ────────────────────
    「尿でうがいをするだけでも飲尿したのと同様の効果が得られた」

    これは飲尿療法の最大の謎とも言える。

    これを事実として受け止めるならば、
    「尿を飲む」「尿をなめる」「尿でうがいする」行為に
    共通する部位は「口の中」だけである。

    結論からいうと「尿の成分は口の中の細胞・粘膜からすでに
    情報として生体に吸収されている」ことである。
    (口に含めば、飲まなくてもいいということ)


    ────────────────────
    自己尿療法の基本的作用の仕組み
    ────────────────────
    口の中で尿中代謝物質の異常値を感知する。

    それを信号・情報として視床を経由して視床下部に
    伝達することができたならば、視床下部で統合再調節して
    病気を修復させる制御命令を引出せる。

    これが「自己尿療法の基本的作用機序(仕組み)」である。


    ────────────────────
    吸収形態
    ────────────────────
    <●経粘膜吸収>

    「口の中の粘膜」に尿を吸収投与する。

    一口程度の尿量を時間かけてゆっくり口の中に含んだままよくゆすぎ、
    うがいするなど粘膜細胞との接触時間を長め(ほぼ30秒から1分ぐらい)
    にとる。

    口の中に含んだ尿を吐く。

    口の中の粘膜に付着した残りの尿も、水で洗い流すことなく
    そのまま吸収が完了するのを待つ。

    尿中代謝物質は外部環境の影響を受けやすいので、
    コップに採取したら、それを放置することなくその場で
    すみやかに口に含むことが正確な情報を得るには重要である。

    (ブログ注記:中尾先生の本には、尿を口に含んだ後に、
    「吐き出す」という方法は載ってないです。わたしはいつも飲み込んでいます。
     どちらの方法を選択するかはご自分で決めてください。
     がん治療においては、患者自身が「主治医」です!!)


    <●経皮吸収>

    顔面や毛髪根、炎症など皮膚部位に疾患がある場合、
    塗布、尿浴、シップなどして吸収を促進する。

    吸収に若干時間(概ね10分位)がかかる。


    <●経皮下吸収>

    「すり傷」「火傷」など表皮損壊部位からの尿の吸収は速い。
    塗布、尿浴、シップなどで吸収をはかる。


    ────────────────────
    「飲尿療法」は免疫力向上ではない
    ────────────────────
    自己尿療法はいわゆる「後追い」治療法であり、
    病気発症前の予防目的には適していない。

    例えばワクチンの予防接種のように感染症に感染する前に
    あらかじめ健康な身体に免疫力をつけることはできない。

    健康な身体の人の尿中には、
    「代謝異常物質(抗体)」が出現していないからである。


    ────────────────────
    おわりに(この部分いいです)
    ────────────────────
    病んだ動物は、くぼみに溜まった自己の尿を本能的になめた。

    原始時代から人類は、自己の尿を器にすくいこれを飲んだ。

    今日でも、胎児は母胎内の羊水の中で、
    自己の尿を飲み出産する日を待つ。

    生命に対する「医療のはじまり」とは、
    歴史的にも今日的にも自己の尿を口に含むことからはじまった。

    原始的とも思われた自己尿療法は、
    脳の中の視床下部の働きを制御する情報系の治療法であった。

    未知の病態にも自動的に応答する安全で高度な次世代の医療にも
    なり得るものである。


    ●広島 すい臓がん 闘病記(膵臓癌 お気楽ブログ)

    「奇跡が起こる尿療法」 中尾良一
    「続 奇跡が起こる尿療法」 中尾良一


    関連記事

    テーマ : *がん闘病記ブログ・体験談・日記・情報
    ジャンル : ヘルス・ダイエット

    コメントの投稿

    非公開コメント

    すごいです~~!!

    だいちゃんさん、すごいです^^、「尿療法」がこんなにわかりやすく解説してあるのを初めて見ました^^。
    あ、、あんまり他のものは読んでないか(*´ω`*)・・・。
    しかし、尿療法は簡単で、費用もかからないし、副作用もない!!こんなに素晴らしい療法はないですよね!!
    いざという時は、やる覚悟は出来ましたから~~、ありがとうございますm(_ _)m・・・・・

    Re: げんき親父さん、コメントありがとうございました

    分かりやすかったですか!? ありがとうございます。!!
    (^o^)
    といっても、オリジナルはわたしが書いたわけじゃないんですけど……。
    (^_^;)
    なにを隠そう、わたしは、今回この文書を読むまで、
    「飲尿療法」は免疫力を高めるもんだと勘違いしていました。(^_^;)

    めっちゃ読みやすい!

    まとめていただいてありがとうございます><
    って私がお礼を言うのもアレなわけですがねw

    飲尿の話って、例え話にしたってずいぶん拒絶されることが多いもんですね。
    そうか一般的にはここまで「汚い」ものと認識されているのかと改めて思います。
    自分の体内で作り出し常に存在するのに、ですよ。

    飼ってる犬などを観察してると、尿に密着した生活してますね。
    常ににおいをかいでるし、他人(犬)のそれもよくかいでます。
    情報の宝庫なんでしょう。

    尿が出ることがありがたい、それは自身の体調不良や家族やペットの看病などを経て痛感します。
    このありがたい液体をさらに有効活用できるものなら使わない手はないなと思いますね。

    Re: マンゴスチンw さん、コメントありがとうございました

    いや、いや、いや、飲尿女王のマンゴスチンwさんに、
    ほめて頂いて光栄です!! (^o^)

    そうですね~。飲尿の記事を書くと、ピタッと読者の方のコメントが
    止まるので、あー、引いてる引いてる、って分かりますもん。(^_^;)

    Auto-iUrine therapy

     自己尿療法の基本メカニズムというホームページをご覧下さいましてありがとうございます。
     私は心臓疾患を患い、さまざまな薬物治療をしましたが副作用ばかりに苦しめられて治療を断念して、一時死を覚悟した時、尿療法の本に出会い、「これだ!」と直観しました。しかし、家族には極秘で夜中に起きて飲尿する日々が続きました。そのおかげか不整脈も出なくなり、すでに死んでいるはずの予定日から25年経過しています。
     それからというもの、尿には何とすばらしい働きがあるのかと自分自身確証していました。しかし、世間では教育の中でも尿は非衛生物として汚いものという風評があり、人体からの有害な廃棄物扱いされていました。
     しかし、生化学の専門書には尿は「人体の最終生成物」として人体内の情報を反映したものである、と高い評価をしています。この落差は何だろう。何とかしなければとひとり頑張っている次第です。もちろん医療関係者はもちろん誰も見向きもしませんが、それにも負けず頑張っています。近々、改訂版を出す予定にしています。
     表現方法を今日的な情報社会に沿うようにして尿のことを統合情報物質「iUrine」と命名してその情報(約3000種から)による脳コンピュータの負のフィードバック制御による症状からの健康への回復をめざす、のがAuto-iUrine therapyの基本メカニズムとしています。
     このすばらしい療法を是非体現されんことを願います。

    Re: 上田良胤さん、コメントありがとうございました

    おおっ!! ひょ、ひょっとして、著者の上田さんでしょうか!?
    (^o^)
    この度は、貴重な文書を公開して頂きまして、本当にありがとうございました。
    読者の方のコメントにもありますが、分かりやすいと評判です。

    わたし自身も、中尾医師の本では、イマイチ不明だった点がクリアになり、
    納得しながら毎朝、飲尿生活を続けております。

    また、改訂版が出ました折には、ご連絡頂けましたら幸いです。

    今回は、わざわざコメントを頂きまして、本当にありがとうございました。
    (ぺこりぺこり)

    はじめまして

    こんにちは。
    初めてコメントさせていただきます。
    家族が同病でこちらのブログにたどりいついて以来
    ちょくちょく読ませていただいています。
    リアルな闘病生活の記述にとても元気づけられ
    本当にありがたく思っています。
    ところで、飲尿療法ですが
    抗がん剤使用中も飲んでいらっしゃいますか?
    検討しているのですが、抗がん剤は皮膚についたりすると
    ひどく腫れたりするなど危険と聞いたもので
    使用中の尿にも入っているのかと心配なのですが。。
    教えていただけるととても助かります。
    どうぞよろしくお願いします。

    Re: naoさん、コメントありがとうございました

    なるほどー!! ご質問の意味、よく分かります。
    「抗がん剤」がそのまま尿として排出されるのではないか、ということですよね。

    う~ん……、わたしはそういうことを考えたことはなくて、
    抗がん剤を打った翌朝でも、普通に飲んでいました。(^_^;)

    もしご心配なら、抗がん剤当日と翌日の2日くらい飲尿を休むとか
    すればいいのではないでしょうか。
    わたしは特に気にする必要はないと思います……。(^^)

    ありがとうございます。

    ご返答ありがとうございました。
    そうですよね、そのまま出てくるわけではないんですよねきっと。。
    TS1の服用なのでしばらく続くのがネックです。
    様子を見て検討してみます。
    またご質問させていただくかもしれませんが
    どうぞよろしくお願いします。
    どうぞご自愛ください。

    Re: naoさん、コメントありがとうございました

    あ、そっかー! TS-1だと毎日服用ですよね!! (^_^;)

    あれれ?
    TS-1だと、元々が飲む薬なので、仮に尿に成分が入っていたとしても、
    問題ないんじゃないですか???? (^_^;)

    プロフィール

    だいとーちゃん

    Author:だいとーちゃん
    広島市在住。51才男性。貴乃花似。2011年10月開設。もっと詳しく。
    全記事 一気読み
    全記事 タイトル一覧
    RSSフィード
    体質改善 健康ショップ!

    関連サイト(PR)
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    ブログの人気ランキング
    いろんなブログの人気ランキング参加中! 1日1回の応援クリックお願いします! キーボードの「Ctrl」キーを押しながら連続でクリックできます。
    「にほんブログ村」 病気ブログ > すい臓がん
    「人気ブログランキング」 がん・腫瘍 > すい臓がん
    「がん・ガン・癌スーパーリンク」 膵がん > 闘病記
    「広島ブログ」 健康
    「FC2ブログランキング」 心と身体 > 病気・症状
    余命宣告から
    最新記事
    全記事 一気読み
    こちらから、今までの「全記事 一気読み」ができます。
    昨年分は1つのテキストファイルにまとめています。

    今までの「全記事タイトル一覧」は、こちら。
    人気記事ランキング
    本サイトの、どの記事がよく読まれているかを表しています。
    ブログパーツ
    月別の全記事
    カテゴリ別の全記事
    関連サイト(PR)
    最新コメント
    ご意見、ご感想
    ご意見、ご感想、お問合せは、
    お気軽に こちら から。

    プログ内 検索
    ■ Google 形式(ブログ内 検索)

    ■ FC2 形式(ブログ内 検索)
    体質改善 健康ショップ!
    アマゾン公式ショップ
    ■ 体質改善で健康になろうショップ!(心の改善、食事の改善、運動)
    を立ち上げました。
    がんに関する本や健康グッズを紹介しております。ぜひ、一度お立ち寄りください!
    私が読んだ本
    がんの特効薬は発見済みだ!がんの特効薬は発見済みだ!
    岡崎 公彦
    禁断を破り「ベンズアルデヒド療法」を世に知らしめた本! 私の感想

    奇跡が起こる尿療法―勇気さえあれば、治らなかった病気が治る (ビタミン文庫)奇跡が起こる尿療法
    中尾 良一
    世界で初めて「飲尿療法」を世に広めた本! 私の感想

    続 奇跡が起こる尿療法―ガンからリウマチにまで効いた驚異の実名手記を満載! (ビタミン文庫)続 奇跡が起こる尿療法
    中尾 良一
    全編、飲尿療法の手記・体験記。 私の感想

    ガンと闘う医師のゲルソン療法―自らのガンを克服した精神科医が選んだ究極の栄養療法 (ビタミン文庫)ガンと闘う医師のゲルソン療法
    星野 仁彦
    「星野式ゲルソン療法」一番最初の本で、一番詳しい本。 私の感想

    「ガンが食事で治る」という事実―済陽式ガンの食事療法vs星野式ゲルソン療法 (ビタミン文庫)「ガンが食事で治る」という事実
    済陽 高穂 星野 仁彦
    面白くて分かりやすい。一晩で一気に読んだ。 私の感想

    末期がんを克服した医師の抗がん剤拒否のススメ抗がん剤拒否のススメ
    星野 仁彦
    私が初めて読んだ星野医師の本。これで食事療法に目覚めた! 私の感想

    がんの芽をつむにんじんジュース健康法がんの芽をつむにんじんジュース健康法
    星野仁彦
    一般の人向けに分かりやすく、図やイラスト満載。 私の感想

    ガン 絶望から復活した15人―こうしてガンの進行・再発を防いだ!ガン 絶望から復活した15人
    中山 武
    ガン対策の三本柱「心の改善、食事の改善、運動」を私に教えてくれた本。 私の感想

    私はこうして「がん」を克服した―「がん」から生還した22人のドキュメント私はこうして「がん」を克服した
    段 勲
    私が初めて読んだ「がん」の本。これで「尿療法」を知った。 私の感想

    がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」がんに効く生活
    ダヴィド・S. シュレベール
    「統計は情報に過ぎず、けっして宣告ではない」 「がんの進行を正確に予想できる者などいない」 私の感想

    白砂糖の害は恐ろしい―これを防ぐために (1972年)白砂糖の害は恐ろしい(1972年)
    甲田 光雄
    40年も前に「白砂糖の害」を世に問うた本! 私の感想

    奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)奇跡が起こる半日断食
    甲田 光雄
    「半日断食」とは朝食を抜くこと。

    長生きしたければ朝食は抜きなさい―体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは (KAWADE夢新書)長生きしたければ朝食は抜きなさい
    東 茂由 甲田 光雄
    私はこの本を読んで、4年前から朝食を抜いている。

    転移転移
    中島 梓
    亡くなる直前まで書いた膵臓がん闘病記。闘病三部作の遺作。 私の感想

    自然な療法のほうがガンを治す―アメリカ議会ガン問題調査委員会「OTA」レポート自然な療法のほうがガンを治す
    今村 光一
    20年前のアメリカの代替療法は、今の日本より進んでいる!私の感想

    短命の食事 長命の食事 (ワニブックスPLUS新書)短命の食事 長命の食事
    丸元 淑生
    面白く読みやすく明快!私の感想

    がん患者がん患者
    鳥越 俊太郎
    鳥越さん曰く「今が一番健康」。これぞ「一病息災」の真骨頂だ。私の感想

    まじめは寿命を縮める 不良長寿のすすめ  (宝島社新書)「不良」長寿のすすめ
    奥村 康
    「笑い」こそ、最大の免疫力活性薬。「発酵食品」は、古来の長寿サプリメント。私の感想

    奇跡が起こる爪もみ療法 (ビタミン文庫)奇跡が起こる爪もみ療法
    福田稔 安保徹
    「爪もみ療法」はリンパ球を増やして、病気の根本原因に働きかける健康法なのだ!!私の感想

    つらいときに読む本つらいときに読む本
    小林 昭洋
    あなたが地獄だと思うのは「知らない」から。「幸せ」とは感謝できている状態のことをいう。私の感想

    最近の私のお薦め商品
    ●「春ウコン」は、免疫力を劇的に向上させます!! 私の今一番のおすすめ「抗がん食品」です!!

    詳しくは、こちらで。
    春ウコン研究会「ガンは癌にあらず」

    ●「春ウコン」粉末タイプ(300g)
    アマゾンで見る

    ●「春ウコン」粉末5袋セット

    ●「春ウコン」錠剤タイプ

    ほかのウコン商品もあります。
    ウコン専門店 「沖縄ウコン堂」


    ●食事療法の基本「人参ジュース」!!大量にスーパーで買うのは大変なので、送ってもらうのだ。

    低速ジューサー最新機種比較(動画あり!!) ジューサーを見比べてください。


    私が飲んだり食べた物
    全て 「送料無料」 です!
    SODロイヤル3g×60包入
    世界が認めた抗酸化食品。原材料は、杜仲抹茶・胚芽・大豆・糠・ハトムギ・米ぬかなど。いろんな食事療法の本でも薦められています。

    パイオニア企画 生アーモンド 430g
    「がんの特効薬は発見済みだ!」毎日1粒のアーモンドを食べるとがんにならない。抗がん作用「ベンズアルデヒド」を含む。

    しじみの入った牡蠣ウコン(徳用サイズ)
    「しじみ」「牡蠣」「ウコン」の3種類が入って66日分のこの値段は、超お得!

    牡蠣エキス 150粒
    肝臓に転移することが多いので、これを飲んで肝臓を元気にしましょう!

    小林製薬の栄養補助食品 熟成黒にんにく黒酢もろみ 90粒
    「デザイナーズフーズ」(ガン予防に効果がある食べ物)のトップに君臨するのが「にんにく」です。

    エビオス錠 1200錠
    「ビール酵母」は、胃腸のはたらきを活発にします。世間的にもかなり好評価のサプリです。

    ネイチャーズリソース 高麗人参 60粒
    冷え、風邪予防、初期の風邪に。免疫力向上。

    ネイチャーズリソース ノコギリヤシ 60粒
    頻尿にすごい効果です!

    ネイチャーズリソース エキナセア 90粒
    風邪予防、初期の風邪に。免疫力向上。

    ハラダ製茶 やぶ北ブレンド徳用緑茶 2g×50P
    緑茶を飲用すると、がん予防、がんの再発や転移を抑える効果があるそうです。
    逆アクセス ランキング
    どのサイトから、本サイトにジャンプして来たかを表してします。
    検索語 ランキング
    グーグルやヤフーから、どんな検索語で本サイトに来たかを表しています。
    レンタルCGI
    アクセス カウンター

    現在の閲覧者数:
    リンク
    ブログの人気ランキング2
    実験中エリア
    いろいろ実験中のコーナーです。
    RSSフィード
    「RSSリーダー」をお使いの方は、ご利用ください。
    携帯 QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。